脱毛剤について

脱毛剤が使える部位

脱毛剤は、たくさんのメーカーがいろいろな製品を発売していますが、そのほとんどはワキや腕、足などの使える部位を指定しています。指定にない部位に使った場合には思いがけないトラブルを招く場合がありますので、注意事項は守るようにしましょう。

 

特に脱毛エステなどで女性に人気のVIO脱毛などは、見渡す限り使用を奨めない商品がほとんどです。
自宅で処理したい気持ちはわかりますが、特に粘膜に成分が付着することで重大な皮膚トラブルが起きないとも限りませんので、安易に行わないようにしましょう。

 

どうしてもデリケートゾーンを処理したいという場合には、脱毛剤ではなく乳液に近い抑毛ローションなどは使えるものもあるようです。化粧水や乳液に近いもので、製品上使っても問題のないというものであれば大丈夫ですが、それでも粘膜への影響が無いように十分に注意してくださいね。

 

VIOに使えるワックスなどもあるようですが、結局は肌にダメージを与える方法であることには変わりありませんので、痛みや肌のケアなどには十分注意が必要です。

 

脱毛剤は、ムダ毛を溶かす性質を持っています。
ムダ毛はたんぱく質で出来ているので、たんぱく質を溶かす成分ということですね。

 

そうした意味では人間の皮膚も同じくたんぱく質で出来ています。必要以上に使ったり、長く放置し過ぎたり、使う部位を選ばなかったりすると肌に大きなダメージが起きてしまう場合もあるのです。

 

使う時には用法を守って、脱毛した後には保湿ケアを忘れないようにすることが大切です。